スポンサーリンク

継続することは超簡単

顧客の声ばっか聞いてるやつはバカ

 

マーケティングというものを長らくやってきて

最近感じていることがこれ。

「顧客の声ばっか聞いてるやつはバカ」

 

 

マーケティング戦略とか考えると確かに

「顧客が今何を求めているか」

「どこにどんなニーズがあるのか」

はとても大事かもしれない。

 

 

お客さんにとって

全く欲しくもないし興味も湧かないものなんか

商品として売れるわけはない。

当たり前だ。

 

 

自分がお客さんだったら買わないようなものは

売れない。

 

 

そんなマーケティングの常識をわかった上で

言っている。

「顧客の声ばっか聞いてるやつはバカ」

 

 

顧客は何もわかっちゃいない

 

 

なぜ顧客の声を聞くことがバカなのか?

まず、次の事実をあなたはどれだけ認識しているだろうか?

 

 

「顧客は何もわかっちゃいない」

 

 

お客さんというのは、商品を提供したり売ったりする

お客さんを育てる側のことを何もわかっていない。

そして自分が何をすれば成長できるのかもわかっちゃいない。

 

 

つまり専門家であるコンテンツホルダーやセールスマンが

お客さんの声ばっか聞いてそれを基準に行動していたんじゃあ

全く意味がないということだ。

 

 

専門家は、情弱で無知なお客さんを

導くリーダー的な存在である必要がある。

 

 

そんなマーケッターがお客さんにペコペコして

言われたことはなんでも聞きますとでも

言わんばかりの態度をとってるんじゃ話にならないんだ。

 

 

顧客はいつだって嘘つき

 

顧客、お客さんというのは

いつだって嘘つきだ。

 

 

なぜなら、

お客さんが真に求めているものと

お客さんが「欲しい」と語るものはいつだって異なるから。

 

 

嘘つきというのは語弊があるかもしれないが

少なくとも結果的に嘘をついていることはよくある。

 

 

もう少し具体的に言うとすれば

言葉と行動が伴わないという点が

嘘つきと言える。

 

 

本当は別に大して欲しくないものを

当たり前のように平気な顔して「すごく欲しい」と言う。

 

 

本当は喉から手が出るくらい欲しいものでも

なんとか買わない言い訳を探して「要らない」と言う。

 

 

お客さんはとにかく、楽で、お金がかからなくて

楽しくて成果が出るもの。

そんなものを望んでいる。表向きには。

 

 

そんなものはどこにもないかもしれないと

思っているかもしれないが表面的には欲している。

 

 

だが実際に欲しいものは、その先にある何かであり

そんなくだらない商品そのものでは決してない。

 

 

無知で情弱で嘘つきの顧客の声に踊らされるな

 

商品を作っている側、商品を売っている側は

「どうやったらお客さんが成功できるのか」

「どうしたらお客さんのためになるのか」

そんなことは手に取るようにわかる。

 

 

じゃあ、その「本当に役立つもの」

本当に顧客の人生を変えられる何かを

提供すればいいじゃないか。

 

 

じゃないと商品を作る意味なんかないし

商品を売る意味だってない。

 

 

でも多くのマーケッターやセールスマンは

お客さんの声ばかりを聞き

「お客さんにとって絶対的に役立つもの」ではなく

「お客さんが欲しいもの」を提供する。

 

 

そうして「お客さんの声」にばかり従い

踊らされていると 、それは

「あなたの商品」ではなくなる。

 

 

「顧客が作った商品」になるのだ。

そして当たり前だが

「顧客が作った商品」に価値なんかない。

 

 

「顧客が作った商品」によって

顧客の人生が変わるような

劇的なものを生み出せるわけがないのだ。

 

 

「売りたい、なんとか売れないか」

そうもがき足掻いているうちに

「自分」という色がだんだん抜け落ち

普通をこよなく愛する「顧客の偶像作品」に成り下がるのだ。

 

 

平凡な顧客で満足するな

 

僕が最も尊敬する人物でもある

スティーブ・ジョブズの言葉に

次のような言葉がある。

 

「消費者に、何が欲しいかを聞いてそれを与えるだけではいけない。
製品をデザインするのはとても難しい。
多くの場合、人は形にして見せてもらうまで自分は何が欲しいのか
わからないものだ」
(スティーブ・ジョブズ)

 

彼の言いたいことはこういうことだ。

顧客の発想は平凡だから

そんな平凡なニーズをいくら聞いたって

素晴らしい商品は生まれない。

 

 

平凡な顧客を心の底から変えたきゃ

顧客が思いつかないようなとんでもないようなことを

やるしかねーだろう、と。

そういうことだ。

 

 

真のマーケッターは「自分」を売る

 

 

何も、顧客のニーズを聞くのがダメと言っている訳ではない。

むしろ顧客のニーズを聞くのはマーケティングにおいて

スタートの段階として欠かすことはできない。

 

 

だが、それだけではダメなのだ。

 

 

顧客の声だけに耳を傾け

自分の考え、思いを押し殺して

顧客の欲するものを提供する。

 

 

そんなマーケティングが正しい訳はない。

 

 

僕が現時点で考えている、真のマーケッターは

「自分を売る」ことのできるマーケッターだ。

 

 

自分を売るというのは、自分のポリシーを売ることだ。

顧客を平凡な世界からすくい上げる、唯一無二で

自分にしかできない究極の方法を持っている

そんなマーケッターが真のマーケッターだろう。

 

 

顧客に頭ばかり下げてはいけない。

 

 

顧客をグイグイ引き連れて

顧客の知らない世界をどんどん提供し

今まで感じたことのない感覚を感じてもらう。

 

 

それができるのは

「自分を売る」ことのできるマーケッターだけだ。

 

 

自分というブランドを作る

 

顧客を引き連れ、人生を変えさせる。

そんな自分になるためには

自分というブランドを持つことが必要だ。

 

 

自分の強み、誇り、信念を見つけ

自分という人間を、世界でたった一人の

「THE 私」に仕立て上げるブランディングだ。

 

 

当然ながら、ブランディングというのは

簡単なものではない。

 

 

マーケティングを始めたばかりの人間が

いきなり自分のブランドを作り出すというのは

非常に難しいと言える。

 

 

なぜなら自分というブランドを作り上げるには

多様な人生経験をし、他の人には絶対に負けることのない

「圧倒的な自分」を見つける必要があるから。

 

 

だからといって、自分というブランドを作ることを

諦めてもいけない。

それをやめた時点で「真のマーケッター」になど

なれっこないのだから。

 

 

顧客じゃなくて「てめえ」の声を聞け

 

今回の記事で言いたかったことは

マーケティングをする上で

顧客の声ばっか聞いてないで

まずは「てめえ」の声を聞けということだ。

 

 

自分自身が一体何者なのか

何をやりたい人なのか

何ができる人なのか

何に信念を持っているのか

 

 

それが全くわからないようじゃあ

話にならないのだ。

 

 

まずは自分が一体何をしたいのか。

どうやって生きていきたいのか。

どうやって世界を変えたいのか。

 

 

本気で自分の声に耳を傾けた方がいい。

♦︎♦︎♦︎いいな!と思ったらシェアお願いします!♦︎♦︎♦︎
継続力 // 自己啓発の関連記事
  • 09月13日・・・ 継続することは超簡単
  • 2件のコメント

    1. 清水さん初めまして!

      私はとても継続させることが苦手でこれをやろう!と決めたことは自分自身を束縛しているようで息苦しく、なかなかやりたいことを継続できなく悩んでいました。

      ですが、この記事を拝見させて頂き、楽しむことを前提にまた継続することに挑戦してみよう!と思いました!
      いい記事をありがとうございました

      1. 赤井さん!
        この度はコメントいただきありがとうございます。
        ブログを書いている清水です。

        記事でも書いている「継続のパラドックス」はとても面白いですよね!

        頑張ろうとすればするほど、自分を束縛してどんどん嫌いになっていく。

        「自分のやりたいことを仕事にすると、それが嫌いになってしまう」というたまに聞く話もまさにこの「継続のパラドックス」ですね。

        記事を評価していただいて、とても嬉しいです。
        これからも日々、記事を更新していくので、ぜひよろしくお願いします!!

    返信を残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です